気がつくと楽天市場専用状態の楽天カード付帯電子マネーでも差が

MENU

気がつくと楽天市場専用状態の楽天カード付帯電子マネーでも差が

yahooショッピングを主戦場としたネット通販系カーードだった、Yahoo-suica。ポイント還元率は、yahooショッピングで2%、その他でも1%あるため、なかなかの優良カードなのである。さらに、今や日々の生活にすっかり浸透しているTカードとの連携で、ネットでの買い物を7ポイントに変えてリアルの世界で使用するといった、ポイントシステムの実用性が一気に高まっている。

 

及第点のポイント還元率、破竹の勢いのTポイントとの連携。この2つの武器は、yahooショッピングが、買い物用に持っておくにふさわしいカードであることを、認識させてくれる。一方、Tポイントと離別した楽天カードは、その後Edy搭載型となり、Edy利用で0.5%(200円/1ポイント)が付くようになったものの、魅力はそれほど大きくない。Edyと楽天スーパーポイントの常時相互交換など、大きな魅力が必要だろう。しかし楽天の場合、ネットだけでなく工ネオスなどの加盟店でポイント3倍など「リアル」でのサービスやキャンペーンの多さなどで優位に立っている部分も少なくない。今後の巻き返しにも注目が集まっている。