お金借りる

MENU

「ビックカメラSuicaカード」は非常に人気のあるカードだ。しかし、このカードは、suicaへの「チャージポイント」の活用こそが最大メリットとなっている。そこで、ここでは、電子マネーでの決済ではなく、クレジットカードでの決済を前提としたショッピング全般で最も使えるカードを選出した。その結果、ビックSuicaを押さえて1位に輝いたのは、「Yahoo-JAPANカードsuica」(以下、yahoo!S...

yahooショッピングを主戦場としたネット通販系カーードだった、Yahoo-suica。ポイント還元率は、yahooショッピングで2%、その他でも1%あるため、なかなかの優良カードなのである。さらに、今や日々の生活にすっかり浸透しているTカードとの連携で、ネットでの買い物を7ポイントに変えてリアルの世界で使用するといった、ポイントシステムの実用性が一気に高まっている。及第点のポイント還元率、破竹の...

家電量販店系では、まず「ヤマダLABIANAマイレージクラブカード〈セゾン〉アメリカン・エキスプレス・カード」「ヨドパシゴールドポイントカード・プラス」「ビックカメラSuicaカード」が、代表的な3枚といって良いだろう。まずヤマダLABlカードよりパワーアップしているヤマダLABIANAカードだが、ヤマダでのクレジット利用で現金払いと同率のポイントに加え0.5%の永久不滅ポイントがもらえるほか、ヤ...

「ヨドパシゴールドポイントカード・プラス」と「ビックカメラSuicaカード」のトップ争いということになるが、今回はヨドパシが差し切った形だ。まずヨドパシはサービスが一部変更され、発行会社の変更に伴いエリオ機能、国内旅行傷害保険がなくなった。しかしポイントサービス内容はそのままなので、これら若干の変更による影響は軽微と評価したい。ヨドパシカードの大きな魅力の1つは、ヨドパシ以外での購入で発生した1%...

コンビニ系カードでは、「フアミマTカード」と「JMBローソンPontaカードVisa」のニ強体制が続いている。ファミマTカードの強みは、ファミリーマー卜で使える唯一のクレカという環境の中で、「ショッピングポイント+クレジットポイント」で1.5%という、高い還元率を提供している点だろう。また、プリベイドカードや公共料金の支払いなどでも、200円で1ポイントのクレジットポイントが発生する点もうれしい。...