MENU

キャッシング利用の減少で、発行会社にはデメリットが増加

クレジットカードはキャッシング利用を見込んだ提携カードの発行が相次いだが、法改正でキャッシング利用額が激減。カード発行会社は手間のかかる提携カードを打ち切る方向に動いている。

 

クレジットカード検肘における最大の着眼点はズバリ、ポイントの価値

 

クレジットカード(クレカ)を選ぶ上で最重要となってくるのが、ポイント還元サービスの質だ。クレジット決済の最大のメリッ卜は、現金決済では貰えないポイントが貯められ、そのポイントを商品券やエアラインマイルなどに交換できる点。一般的にクレジットカードのポイントの還元率は、0.5から1%程度。

 

1ポイントが1円相当として、そのカード会社が発行する商品券などに交換できることが多いが、最近では電子マネーに交換できるなど、ポイントの資産性が高まっているのも事実。それだけに、より効率の良いポイント・収集がカード選びでも求められているのだ。

 

一方、カード選びに関しては業界側の裏事情も見え隠れする。改正貸金業法の完全施行により、カード会社の主要収入源であったキャッシングの利息引き下げ、カード破産者を減少させるための総量規制などにより、キャッシングによる貸付残高は激減。キャッシング利用に狙いを絞っていたカードは、軒並み提携を打ち切られ発行終了している。

 

カードのキャッシング周りの法改正(改正貸金業法・改正割賦販売方式)によって、使っていなかったカードの与信枠が突然下げられるなどの自主規制が利用者を直撃しており、不要なカードをどんどん解約する流れに繋がっている。これまで何となく勧められて作っていたクレカ自体を厳選する必要性に迫られているのだ。では、カード取捨選択の基準とは一体何だろう。ズパリそれは、ポイントサービスの質だ。同じ1ポイントでも、ポイン...

今カードを作る上で重要なのは、ポイントの還元率に加えて、ポイントの質、つまり、どのポイントが貯まという点が非常に重要なのだ。同じ1ポイントでも貯めるポイントによってその価値は大きく変わる。Tポイントは、いま間違いなく最強のポイントサービスだ。例えば、コンビニで中華弁当を買ったユーザーには、レストランの餃子クーポン券をレシートと一緒に発行するなど、他の企業グループ同士が顧客を回しあうシステムを構築。...

いまや全国区となったJR東日本のIC乗車券「Suica」。現時点でJR北海道「Kitaca」、JR東海「TOlCA」、JR西日本「ICOCA」、JR九州「SUGOCA」、関東私鉄「PASMO」と相互利用が可能。suicaさえあれば、四国を除く全国のJR路線を利用できてしまう、というスゴイ状況になっている。さらに全国のJR・私鉄大手11社はそれぞれが発行する交通系lCカード10種類の相互利用を検討開...

大金を費やす定期券の購入は、大量のポイントが貯まるチャンスでもある。定期券を購入する際は、できるだけ還元率が高く、かつ利便性の高いカードを使いたいもの。ここでは、JR&東京メトロのlC定期券に組み合わせると得をするオススメのクレジットカードを紹介しよう。日本全国でまんべんなく使えるのが「ビックカメラSuicaカード」。定期券購入を含め、還元率はいつでも0.83%。年会費は実質無料と、コストパフォー...

一方で、ビックSuica以外の選択肢があるケースもある。JR北海道は「JRタワースクエアカード」、JR九州なら「JQCARD」を組み合わせるのもいいだろう。定期券購入時にポイントが2倍になったり、電子マネーとクレカが一体化しているなど、その地域ならではの特色がGood。また、駅ビルでの割引やポイントの倍付けなど、ショッピングの特典も充実している。例外は、東京メトロ。定期券の購入に使えるカードは「T...