航空カードの保険では不安。年会費無料で保険に強いサブカードを作るべし

MENU

航空カードの保険では不安。年会費無料で保険に強いサブカードを作るべし

海外旅行に行く際、「クレジットカード付帯の保険があるから大丈夫」と安心している人も多いだろう。だが実は、航空系一般カードの保険だけでは不十分。「海外旅行傷害保険最高1000万円」と書かれていても、適用されるのは傷害死亡や後遺障害の場合のみ。実際に利用する確率が高い疾病・傷害治療や携行晶損害費用は、ほとんどのカードで対象外となっている。

 

唯一、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」はカバーしているが、利用付帯(ツアー料金や航空券などをカードで支払った場合)という条件付きで使いづらい。そこでおすすめなのが、年会費無料で海外旅行保険が充実したカードをもう1枚作ること。「横浜インビテーションカード」は疾病・治療費用最高200万円、携行晶損害最高20万円など、ゴールドカードに近い補償内容。利用付帯ではなく自動適用されるので、旅行代金は航空系カードで支払い、旅行保険専用カードとして持つことが可能だ。意外なところでは「楽天カード」でも同レベルの保険を提供している。ただしこちらは利用付帯なので、使い勝手は劣る。