お金借りるのが初めての人にお勧めのカードローン

MENU

お金借りるのが初めてなんだけど…でも大丈夫

お金借りるのが初めてで、どこに申し込むのが一番いいのか分からないというアナタ!

 

当サイトでその悩みを全て解決します。

 

まずお金を借りるのには、アナタ自身が審査に通過する必要があります。

 

審査に通過するポイント

  • 安定した収入がある(バイト代でもOK)
  • 20歳以上である
  • 過去にお金を借りてブラックリストに載っていない

この条件をクリアしていれば、お金を借りられる可能性は非常に高いです。

 

ただし、月々5万円のバイト代しかないのに100万円借りたい!というのは無理ですのであしからず。

お金を初めて借りるのにアコムがオススメな理由

初めてお金を借りる人にとっても優しい条件

初めてアコムを利用する人は、何と30日間は金利がゼロという、無利息期間を設けている数少ないカードローン会社です。
この期間中に少しでも多くの額を返済しておけば、利息が掛かる元金が減るので、結果としてトータルで支払う返済額が少なくなります。

 

3項目で仮審査が分かる!

申し込んで審査に落ちてしまうと、あなたの信用情報にその記録が残されます。すると、2社目の申込を行った際に不利に働くことがあるので要注意。従って、カードローンの申込は1発審査通過が必要となります。→1発審査クリアが必要な理由

 

そこで利用しておきたいのが「事前審査」です。アコムでは、たった3項目を入力するだけでこの事前審査が受けられます。
あくまでアコム内の独自の事前審査なので、もしこの事前審査の結果がダメでも信用情報に記録されることはありませんので、気軽に利用することが出来ます。

 

振込対応している金融機関が多い

アコムでは、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば平日の19時まで振込に対応しています(初回のみ)。
また、楽天銀行の場合は24時間年中無休対応なので、借りたいと思ったときに借りやすいのも人気の理由です。

 

審査〜融資までの時間が短い

ネットでの申し込みをし、審査終了まで最短で30分しか掛からないという業界でナンバーワンのスピードはアコムならではです。
時間が掛かったとしても、平均すると申込から2時間以内にお金を借りられるので、スグに借りたい人からも支持されています。

 

消費者金融ナンバーワンの知名度と実績

アコムは消費者金融で、知名度・実績ともにナンバーワンの実力を持っています。

 

消費者金融というと少し怪しいイメージがありますか?しかしアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの企業として健全に経営されているので、不安に感じる必要はありません。

 

銀行系のカードローンと言う選択肢もありますが、審査のハードルが消費者金融よりも高いというデメリットがあります。

 

無利息期間を活用して正しく利用すれば、消費者金融だからといって何も不利に働くことはありませんのでご安心を。

審査に用いられる信用情報って何?

アコムに限らず、カードローンやクレジットカードなど、何かしらのお金に関する取引の申込を行うと、個人の信用情報を元に審査が行われます。

 

その個人個人の信用情報を扱っている機関があり、代表的な信用情報機関は以下のようなものです。

 

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

消費者金融、クレジットカード会社、銀行など、日常で一般消費者が取引をする主だった企業は、こうした信用情報機関に登録をしています。ここには、金融機関との取引履歴が記録されており、クレジットカードを利用していても履歴が残るようになっています。

どんな情報が記録されるの?

本人を特定する為の情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
契約内容に関する情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
申込みに関する情報 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
日本貸金業協会情報 日本貸金業協会に貸付自粛依頼を申入れたことを表す情報

JICC|登録内容についてから抜粋

 

こうした情報が指定機関(主に5年間)は記録が残るようになっており、その人が抱えているローン金額や返済状況を年収などと掛け合わせて「返済能力」が審査されるというわけです。

 

つまり、個人の返済能力を超えるほどにローンを抱えていないか?過去に大きな返済の遅れや未払いが無いか?ということをチェックし、この人に対して金融取引を許可しても大丈夫なのか?ということを確認する情報が記録されるということです。

 

カードローン申込の事実も記録に残る

カードローンに申込をすると、「申し込み先・個人情報・申込日・申込んだサービス内容」が記録に最長で6ヶ月間は残ります。

 

つまり、審査に落ちてもその記録が残されると言う事です。

 

1社目に落ちてしまったから2社目に申込めば何とかなるかも・・・と思っていても、2社目もアナタが審査落ちした記録を参照するので、おのずと審査に通ることは難しくなります。だからこそ、カードローンの申し込みは1発審査クリアが望ましいというわけです。

 

カードローンの敷居は低くなったが「借金」である自覚を持とう

貸金業法が改正されグレーゾーン金利が撤廃されるなど、現在のカードローンを巡る法整備はクリーンなものになりました。

 

今から10年ほど前は、名の知れた大きな消費者金融も緩い審査でグレーゾーン金利で多くの人に貸付を行っていました。

 

そこで安易に自分の返済能力を超えたお金を借りてしまい、返済に充てるために違う金融会社から借り入れを行う自転車操業を助長している側面もあったのは事実です。

 

そうした事態を未然に防ぐために、貸金業法の改正によって「総量規制」という新たな法律が整備されました。

 

これは自分の年収の3分の1以上の借金を法律で禁止するものです。(※厳密に言えば、消費者金融とクレジットカードなどの信販系によるキャッシングに限る)

 

その総量規制に当てはまる消費者金融系カードローンであれば、国がボーダーラインを引いた「無理の無い範囲での融資」を受けることができます。

 

言い換えれば、返済能力を超えるような借金ができなくなった、という事です。

 

借金で首が回らなくなった成れの果て…

昔はキャッシングの審査が、今よりも明らかに緩かったそうです。

 

つまり自分の返済能力を超えた借金が簡単にできてしまった時代です。となれば当然、返済が滞ってしまいます。

 

すると、日本人の真面目な性格が仇となって「誰でも即日100万円まで融資可能!」といった違法な金融業者に頼ってしまうのです。自転車操業の始まりですね。

 

しかも相手は違法な金融業者(=闇金)です。トイチやトゴ(※)といった法外な利息を請求してきます。
(※)トイチ:10日で1割の利息、トゴ:10日で5割の利息

 

返済しても利息の足しにもならず、元金は減らないままに利息だけがドンドンと膨れ上がっていきます。

 

もう完全にどうすることもできませんよね。

 

「首が回らなくなっていよいよヤバイ…」と気付いたときには、100万円を借りただけなのに利息を含めた返済額が1000万円とかの金額になっているんですから。

 

そうなると、闇金業者が「うちの系列会社で働けば、利息は減らしてやるよ(※)」と提案を持ちかけます。
(※)「今までの利息をチャラにする」「今後利息をゼロにする」など、色んな言い方がありますが、本当の目的は以下に記します。

 

借金をした人にもう普通の選択肢は残されていません。提案された「系列会社」という所で働きながら、借金を地道に返すしか道は残されていません。

 

そうして連れて行かれる「系列会社」というのが、通称「タコ部屋(強制労働所)」です。

 

タコ部屋に連れて行かれると…

タコ部屋(強制労働所)には、闇金に手を出して返済ができなくなった人たちが集まっています。

 

よくある話として、人里離れた山奥に連れて行かれて肉体労働(建設工事など)をさせられるケースが多いです。

 

ボロボロの住居にぎゅうぎゅうに人を押し込んで、カビだらけの煎餅布団、粗末な食事を与えられるだけ。そして毎日、過酷な肉体労働を続ける毎日が始まります。

 

当然、闇金業者が関わっているので、暴力団の息が掛かっています。逃亡しようとした者には暴力的な制裁が加えられますし、仲間にも連帯責任として重い罰が下されるので、相互監視という意識も根付き、逃亡することは難しい状況です。(そもそも土地勘もない山奥から逃げること自体が難しいです)

 

ここまで読んで「カイジ」が浮かんだ人も多いでしょうが、正にあの世界です。

 

タコ部屋では、食べ物やお酒、タバコなどの日用品も売られています。一般の数倍の値段ですが。

 

カップラーメンが500円。
缶ビールが1000円という世界です。

 

月に1度の給料日もありますが、水道光熱費や家賃を天引きされて、毎日過酷な肉体労働をしていても手元に残るのは数万円程度です。

 

仮に月に5万円が手元に残るとしましょう。返済額が100万円だとしても、20ヶ月掛かりますよね。しかし、タコ部屋の世界はそんなに単純ではありません。

 

一切の娯楽も無い、一般の世界から隔絶された社会です。

 

いくら法外な値段で売られているお酒と分かっていても、誘惑に勝ち続けられる意思の持ち主はそうはいません。(まさにカイジの世界です)

 

つまり、一旦タコ部屋に連れてこられてしまった人は、そう簡単には抜け出せないようになっているのです…。

 

今でもタコ部屋はあるのか?

あくまで推測ですが、現代でもタコ部屋はあると思います。

 

「タコ部屋」でヤフーやグーグルで検索をすると、「タコ部屋から逃げ出してきた」などのような2chの書き込みが見つかります。

参考:タコ部屋のヤフー検索結果

 

それに日本では年間8万人前後の行方不明者がいるのを知っていますか?

 

全体の7割ほどは発見に至っていますが、それでも行方不明のままの方が数万人います。中には身内がいなければ、捜索届けすら出されていないケースだって考えられますね。

 

これまでにどれだけの人が、この日本で行方不明になっているのかを考えると、ゾッとしますね…。

 

行方不明の人が全員タコ部屋に連れて行かれているという話ではありません。

 

タコ部屋に連れて行かれる人は、周りの人に打ち明けないまま連れて行かれる、という事実と相関関係があっても不思議ではないという話です。

 

ただし、流石にテレビCMをやっているような大手金融会社から借りただけで、タコ部屋に連れて行かれてしまうようなことは考えられません。

 

タコ部屋と関係しているのは、暴力団(=闇金)です。

 

借りたお金の返済に、安易に「審査が緩い!」「誰でもすぐに融資可能!」といった、常識的に考えればおかしい金融業者に手を出してはいけないと言うことです。

 

そのためにも、ご自分の返済能力に見合った金額を借りましょう。

 

それでもお金を借りるなら参考にすべき情報

上述のようにカードローンは借金であるという自覚をしっかり持って利用するなら、安全安心の大手カードローン会社を利用するのが絶対条件です。

 

しかしカードローン会社はかなりの数があるので、一体どこで借りるのがいいのか分からないという人がいるのも当然です。

 

以下のようなホームページで掲載されている情報を元に借入先を検討することをオススメします。

 

即日キャッシング
今から1時間でお金を借りたい!という急ぎの人は即日キャッシングを利用しましょう。中でも人気なのは無利息サービスのあるあの有名会社です。